消費者金融や銀行などのカードローンは、あらかじめ融資枠を設定しておき、その枠内であれば自由にお金を借入れることができるというものです。 ただし借金であることには変りなく、その手数料として金利を支払う必要があります。 金利は年利という形で表現されます。 一般的な消費者金融を利用した場合には、初回には10万円までの借入れで年18%程度の金利が必要です。 返済に関しては一括払いと分割払いが利用出来ますが、多くの場合には強制的にリボ払いなどに分割されるので注意が必要です。 なお、分割払いは借入金に応じて月々の最低返済額が決まっており、この額以上のお金を返済期日までに返済しなければいけません。 なお、返済が遅れた場合には延滞と見なされ延滞金がとられます。 延滞金も年利という形で表現され、多くは法律の上限一杯の年20%が設定されています。 一括払いをしたい場合には業者に連絡をして金額を教えてもらう必要があります。 消費者金融は金利が高いというデメリットがありますが、大手の場合には初回利用に限り無利息期間を設けているところもあって、上手に利用すれば、 銀行よりも低い金利で借りることができます。 これらを利用して借入金を受け取る方法としては、店頭で現金を受取るほか専用のカードなどを利用してATMから引き出すという方法があります。 また銀行口座への送金という手段もありますが、提携している銀行を除けば送金手数料が高いというデメリットがあります。 キャッシングでお金の借り入れる場合、いくつかの方法があります。 まず申し込みは店舗でもできます。 人の目が気になるのなら自動契約機でも可能です。 消費者金融やクレジットカード会社に設置されている無人の大型情報機器で、 身分証明書と情報入力後すぐに審査を行い、融資が決まればカードの発行です。 これで現金の受け取りができます。 他にもインターネットや電話など、手続きの方法はいくつかあります。 直接の受け取りや指定口座への振込などの受け取り方法も様々あります。 場合によっては、最短で即日の融資が可能です。 金利や返済方法など、ご自身に合う契約方法を見つけて下さいね。