キャッシングとカードローンの共通点は、いずれも多目的に利用できることです。 多目的とは様々な用途に使えることですが、用途を問わないというわけではありません。 事業資金、ギャンブル資金、債務返済資金としては利用できないローンは多いです。 これら以外の用途に関しては、ほぼ対応していることが多いです。 キャッシングとカードローンの申込基準や審査内容に関しては、ほとんど違いはありません。 両者の違いはカードの有無ですが、両者を分ける明確な定義はありません。 ただし、カードを使用せずに振込や窓口受け取りなどの方法で融資を受ける場合はキャッシングと呼ぶのが普通です。 あとからカードを発行してカードで借りる場合にはカードローンとしての扱いになります。 申込において在籍確認については、100%あると考えたほうがいいでしょう。 業者によっては確認を取らないとしていますが、審査内容に間違いがないか、または嘘の記載がないか確認するために在籍確認を取ることは多いです。 総量規制に関しては、ノンバンク系は適用となります。 銀行、信用金庫などに関しては総量規制の対象外となります。 おまとめローンとして利用する場合は、総量規制対象外のローンがおすすめです。 ローンの返済方法を選ぶときは、一括払いを選択するのが理想です。 業者としてはリボや分割払いを選択して欲しいと考えていますが、これは利息が大きくなるためです。 利息を減らしてお得に借入するには、一括払いを選択するべきです。 キャッシングとカードローンの違いは理解しにくいです。 まず返済方法が違います。クレジットカードの場合、持っているカードから簡単にネットキャッシングを利用することができますが、キャッシングは翌月に借入金額を一括で返済する必要があります。 確かに審査は必要ですが、ローンなら一定の金額で返済できます。 またカードローンの方が金利が低く、支払い利息にも違いがあります。 利用可能枠など色々と見比べてサービスをお得に利用したいですね。 借入れには20歳以上何歳未満など制限もあるので事前に確認して下さい。