消費者金融を利用する際、避けては通れないのが審査です。 プライベートなことを詳細に伝えなければいけないので嫌なものですが、ここを通過しないと融資を受けることは不可能です。 4社、5社から借入をしていたり、総量規制を超える年収の3分の1以上を他社から借りていれば通ることはまずないでしょう。 しかし、通るかどうかぎりぎりのラインにいる人にはほんの少し通る確率を上げるコツがあります。 てっとり早い方法は審査が甘くなっているキャンペーン中を狙ってみることです。 キャンペーン中は営業マンのノルマが厳しくなっていますので、少しくらい不利な条件があっても通ってしまいます。 固定電話がない場合は、固定電話がある実家を連絡先にする方法もあります。 もし、もう少し借り入れが先でも大丈夫なら待つのも一つの手です。 他にも他社の返済を進めていって借入総額を減らしていけば審査が通る可能性もあります。 勤続年数が不利になっていれば、もう少し借り入れを我慢すればいいでしょう。 新しいところで融資の申し込みをするだけではなく、返済実績がある消費者金融で限度額を増やすことも考えましょう。 今まで延滞がなければ応じてもらえるかもしれません。 金利や返済のたびに支払手数料がかかるなど、不利な条件がある場合は、信用力が上がってから借り換えをすればよいのです。 せっぱつまっている場合はとりあえずお金を借りて、あとから有利なところを利用できるようにするのも一つの手です。 予定外の出費が続き、どうしてもお金が足りない人に便利な方法がカードローンからの融資です。 初めての利用の場合、敷居を高く感じますね。 申込みから審査に通る可能性が高いのは安定した収入です。 審査の通過のために年収も気になりますが、安定した収入があれば学生もパートの方も確率は高いです。 他に借入がある方は事前に信用情報を自分で確認しておくのもいいですね。 カードローンも銀行、ネット、消費者金融など様々あります。 金利や総量規制対象かどうか、勤めている会社への電話による在籍確認の 有無など基準や手続きのメリットデメリットも様々なので、申込前の情報収集は大切です。